金欠アラートハンガー

プラモデルやイベントの写真を掲載します。

ハセガワ 1/72 J35F ドラケン “ウスティオ空軍”

≪降ってきたな≫

 

忙しいと言いつつ、ちゃっかりとプラモデルは作っていました。

今回はこちらです。

(一眼が壊れてしまい、涙のスマホ撮影です😢)

 

Hasegawa 1/72 Saab J35F Draken“ Ustio AirForce/Ace Combat ZERO“
f:id:gfinthebase:20231028101454j:image

 

f:id:gfinthebase:20231028101549j:image
f:id:gfinthebase:20231028101555j:image

J35 ドラケンは、スウェーデンのサーブ社が1950年代に開発した戦闘機です。

スウェーデンの空を守るため、コンパクトに設計されており、輸送しやすいよう翼も取り外しが可能。

ただ、デザインが先進的すぎて操縦は難しかったようですね(汗

 

f:id:gfinthebase:20231028101613j:image

ダブルデルタと呼ばれる 三角形が大きく二つ組み合わされたような形状をしています。この形が、短距離離着陸の性能を大きく引き上げているそうです。

f:id:gfinthebase:20231028101638j:image

離着陸時の尻もち防止用の、補助輪が目立ちます。

f:id:gfinthebase:20231028101635j:image

マーキングは、過去にプレイしたエースコンバットZEROに登場する機体を参考にしています。

背中の大きな数字やコーション類はキットから使用していますが、ウスティオ空軍国籍やガルムマークなどはコトブキヤエースコンバットシリーズ購入特典から使用しました。なのでゲーム原作とはマーキングが異なります。

 

f:id:gfinthebase:20231028101750j:image
f:id:gfinthebase:20231028101737j:image

本機は、過去のキットの再販ですが、大好きな飛行機です。家電量販店で発見してすぐ購入してしまいました。

とても1950年代設計とは思えないほどのスタイリッシュな戦闘機です。

f:id:gfinthebase:20231028101813j:image
f:id:gfinthebase:20231028101817j:image

武装はキットには付属しないので、ファインモールドさんの航空自衛隊ミサイルセットを買ってきて AIM-9Jを装着しました。パイロンとミサイルの間のアダプタはF-16用のランチャーを流用しています。

ファインモールドさんのミサイルキットは 後々作成するF-15Jで活用させて頂きます。

 

f:id:gfinthebase:20231028102009j:image

おなか。実は左右インテーク下にもう一箇所ずつパイロンがあるはずなのですが、キットでは付属しませんでした。

 

f:id:gfinthebase:20231028102034j:image

基地に恋人がいるタイプの人と。


f:id:gfinthebase:20231028102042j:image

以前作成のタイフーンと。

ドラケン、並べてみるとすごく小さいです。

高速道路から離発着する必要がある以上、かなりコンパクトに設計されているのですね。

その意思はAJ37 ビゲンや、JAS39 グリペンに受け継がれています。


f:id:gfinthebase:20231028102046j:image
f:id:gfinthebase:20231028102050j:image

合わせ目消ししていないのが目立ちますね🫨


f:id:gfinthebase:20231028102038j:image

いかがでしたでしょうか。

古いキットですが作りやすく、簡単にスタイリッシュなドラケンが出来上がります。

価格も2000円ぐらいでリーズナブルなので、一度作成されてみてはいかがでしょうか。

小松基地航空祭 2023 飛行展示②

 

前回の続きです。

 

まずは航過飛行ということで、

編隊を組んで各機が帰ってきます。

まずは303sq。武士道ガーディアンのスペマが先頭です。

f:id:gfinthebase:20231022201420j:image
f:id:gfinthebase:20231022201402j:image

 

そして306sq。こちらもスペマが先頭です。
f:id:gfinthebase:20231022201500j:image
f:id:gfinthebase:20231022201423j:image

 

アグレッサーも通過。
f:id:gfinthebase:20231022201430j:image
f:id:gfinthebase:20231022201417j:image

 

飛行救難隊
f:id:gfinthebase:20231022201442j:image
f:id:gfinthebase:20231022201355j:image

 

次にギアダウン形態でもう一度通過。
f:id:gfinthebase:20231022201358j:image
f:id:gfinthebase:20231022201413j:image
f:id:gfinthebase:20231022201453j:image
f:id:gfinthebase:20231022201446j:image

U-125Aは、UH-60Jに合わせ失速手前の速度で通過。一方のUH-60Jは最大機速とのことでした。
f:id:gfinthebase:20231022201439j:image
f:id:gfinthebase:20231022201427j:image

そして最後はF-15による大編隊からの一機ずつブレイク!

まるでエースコンバットのようでした。
f:id:gfinthebase:20231022201457j:image
f:id:gfinthebase:20231022201406j:image
f:id:gfinthebase:20231022201434j:image

 

小松基地は民間空港の小松空港と併設のため、

基地祭中でも民間機がバンバン飛びます。

JAL ボーイング767-300

f:id:gfinthebase:20231022201449j:image
f:id:gfinthebase:20231022201409j:image

 

そして、毎年恒例救難隊によるデモが行われます。

f:id:gfinthebase:20231029234656j:image

U-125A。ギアダウンして支援物資を投下しますが まさかの撃沈。。。掲載できる写真はありませんでした。

f:id:gfinthebase:20231029234710j:image

UH-60Jも、プロペラを回すためにシャッタースピードをかなり遅めに設定し ブレを連発。かろうじて何枚か確保できました。

ロープにて 救助要員が降下。
f:id:gfinthebase:20231029234707j:image

 

U-125Aが上から状況を監視します。
f:id:gfinthebase:20231029234704j:imagef:id:gfinthebase:20231029234700j:image

 

 

救難隊の展示終わり間際に、アグレッサーがタキシングを始めました。

f:id:gfinthebase:20231029235036j:image

続きはまた次回で。

小松基地航空祭 2023 飛行展示①

こんばんは。

なかなか仕事が忙しくブログを書く時間もありません。

 

さて、本日は小松基地航空祭2023の飛行展示について写真をアップしていきます。

朝7時、T-4の天候偵察が終わり、

大量のF-15がオープニングフライトのためにアップを始めます。

f:id:gfinthebase:20231018203023j:image

f:id:gfinthebase:20231018203332j:image
f:id:gfinthebase:20231018203328j:image

久々に聴くF100エンジンの音、スタビレータの動き、キャノピーの動きなどにもう興奮が止まりません。

 

F-15Jの前に立つ自衛官

本当にカッコいいです。病弱で自衛官を諦めた自分にとっては、本当に憧れの職業です。

f:id:gfinthebase:20231018203009j:image

 

Pさんのお手振り。

望遠効果はあるものの、いかにタキシング時の客席との距離が近いかがよくわかります。

実際、F-15が後ろを向くと、エンジンの熱気が全身を直撃していました。感激。
f:id:gfinthebase:20231018203016j:image
f:id:gfinthebase:20231018203036j:image
f:id:gfinthebase:20231018202944j:image

 

UH-60もタキシング。戦闘機に比べるとインパクトには欠けますが、スラッとしたボディは唯一無二の格好良さです。
f:id:gfinthebase:20231018202948j:image

 

そして怒涛のハイレート祭り!

耳が壊れるかと思うほどの轟音で、続々とF-15が上がっていきます。

今回は150-600mm対応レンズを持ち込んだのですが、最大望遠だと余裕で収まりきらないぐらい近い距離でのフライトでした。
f:id:gfinthebase:20231018203005j:image
f:id:gfinthebase:20231018203019j:image
f:id:gfinthebase:20231018203012j:image
f:id:gfinthebase:20231018202955j:image

 

背中モフモフ。

f:id:gfinthebase:20231018203000j:image
f:id:gfinthebase:20231018203032j:imagef:id:gfinthebase:20231018202952j:image

 

背中もばっちり。

 

アグレッサーも半端ない勢いで上がっていきます。青いラムネ(と呼ばれています)の飛んでいるところを見るのは初めてで、こんなハイレートが観れるとは思わず感動しました。

f:id:gfinthebase:20231018204050j:image
f:id:gfinthebase:20231018203029j:image

 

真っ黒の096号機。こちらは爆ひねりを披露してくれました。最高です。

f:id:gfinthebase:20231018204047j:image
f:id:gfinthebase:20231018202940j:image

 

この後、編隊を組んで小松基地所属機が帰ってくるのですが、F-15が全機飛び立った後 あまりの衝撃に全身が震えておりました。

これだけでもお腹いっぱいでしたが、もっと凄いのはここからでした。

ここからは次の記事にしたいと思います。

小松基地航空祭 2023 地上展示編②

先の記事の続きです。

 

今年は去年と違い本当に外来が多く、なんとオジロワシのF-35Aが来てくれました。

これも生で見るのは初めてで、かなりテンションが上がりました。

f:id:gfinthebase:20231014134819j:image
f:id:gfinthebase:20231014134822j:imagef:id:gfinthebase:20231014134901j:image

機首のEOTSセンサーをアップで。
f:id:gfinthebase:20231014134912j:image

垂直尾翼も、真っ直ぐなのかと思えば

少し途中で外側に傾いているんですね。
f:id:gfinthebase:20231014134905j:image
f:id:gfinthebase:20231014134908j:image

ウェポンベイもオープンされていましたが、

厳重に警備されており あまり覗き込まないように注意されている方もいました。
f:id:gfinthebase:20231014134916j:image

 

百里からは3sqのF-2A。こちらはよく見る増槽とパイロンのみの形態です。
f:id:gfinthebase:20231014134803j:image
f:id:gfinthebase:20231014134841j:image

マーキングが思いっきりシルバリングしていました。
f:id:gfinthebase:20231014134732j:image

ノズル内部など、模型を作る際の参考材料になります。
f:id:gfinthebase:20231014134756j:image

 

静浜からはT-7が参加。
f:id:gfinthebase:20231014134740j:image

UH-1J。この機体もそろそろ見られなくなる日が増えてくるのでしょうか(後継機のUH-2もほぼ同じ見た目ですが...)
f:id:gfinthebase:20231014134815j:image
T-4。なんと飛行教導団所属でコブラマークでした。
f:id:gfinthebase:20231014134848j:image

f:id:gfinthebase:20231014135824j:image

 

P-3C、SH-60K。

P-3CもP-1への更新がどんどん進んでいるそうです。沖縄旅行の際、那覇空港に大量に並んでいる姿を見たのが忘れられません。
f:id:gfinthebase:20231014134748j:image
f:id:gfinthebase:20231014134807j:image

U-4。あまり知らない機体だったのですが、要人輸送などに使用されているそうです。
f:id:gfinthebase:20231014134838j:image

CH-47J。防衛力強化の一環で、今後も調達されると先日ニュースで知りました。
f:id:gfinthebase:20231014134800j:image

短足犬顔なので、コーギーダックスフンドみたいですね。
f:id:gfinthebase:20231014134752j:image

U-36。ミサイルなりきりマンです。

あまり人気はなかったように見えましたが、一部ファンにはかなり刺さっている様子でした。
f:id:gfinthebase:20231014134744j:image

 

続いて格納庫です。

306sqのF-15J #900 がお出迎え。

AAM-5やAIM-7を搭載していました。AIM-7、まだ使うんですね。。。

f:id:gfinthebase:20231014134811j:image
f:id:gfinthebase:20231014134830j:image

#098 のF-15DJは、なんとリジッドラックに乗った状態。車で使うリジッドラックとは、当然ですが大きさが段違いです(汗
f:id:gfinthebase:20231014134833j:image

よく見るとアレスティングフックが下がっています。
f:id:gfinthebase:20231014134826j:image

F100エンジンをドアップで。すごい迫力です。
f:id:gfinthebase:20231014134736j:image

こちらはコクピット内の見学をしていました。
f:id:gfinthebase:20231014134845j:image

 

さあ、次の記事はいよいよ飛行展示編です。

f:id:gfinthebase:20231014140545j:image

小松基地航空祭 2023 地上展示編①

こんにちは。

先日は小松基地航空祭に参加してきました。

抽選制だった昨年度と違い、今年度は完全開放だったこともあり、朝3時の時点で近隣のパーキングエリアは全て満車状態。。。

4時半から開放になった臨時駐車場も、5時過ぎには満車のところがちらほらと。。。

 

シャトルバスも待っていられないので、

1時間ほど歩いて入場しましたが、6時に現地着でもものすごい並びでした。

聞けば入場者数は5万人!一大イベントです。

色々写真を撮りましたので、掲載します。

 

エプロンに入ると、岐阜のテスターF-2がお出迎え。

F-2A 飛行開発実験団 63-8502

f:id:gfinthebase:20231014133307j:image
f:id:gfinthebase:20231014133322j:image
f:id:gfinthebase:20231014133311j:image
f:id:gfinthebase:20231014133319j:image

f:id:gfinthebase:20231014133925j:image

対艦番長の名に相応しい、ASM-2 4本搭載スタイルで来てくれました。

生でテスターカラーを見るのは初めてでしたが、かっこいいですねぇ。これだけド派手な塗装をしているのは、機体の動きを正確に把握するためだと聞き、なるほどなとなりました。

 

US-2、C-2、P-1。大型機も数年前の自衛隊とは様相がかなり変わってきていますね。C-1やP-3も見れなくなる日が近づいてきています。

f:id:gfinthebase:20231014133653j:image

f:id:gfinthebase:20231014133627j:image
f:id:gfinthebase:20231014133623j:image

 

小松基地といえば、やはりF-15です。

アグレッサー、303sq、306sqと大所帯です。
f:id:gfinthebase:20231014133326j:image

f:id:gfinthebase:20231014133843j:image
f:id:gfinthebase:20231014133847j:image

f:id:gfinthebase:20231014134211j:image
f:id:gfinthebase:20231014133847j:image

U-125A、UH-60J。
飛行救難チームはここ数年の災害でも大活躍かと思われます。洋上迷彩のロクマルはやっぱり最高ですね😆
f:id:gfinthebase:20231014133854j:image
f:id:gfinthebase:20231014133850j:image

まだまだありますが、

写真が多すぎるのでまずはここまで。

次回に続きます。

ハセガワ 1/72 F/A-18F スーパーホーネット トップガンマーヴェリック仕様(EA-18G改造)

先日、家電量販店に行ったところ、
店頭にある展示品のテレビでトップガンマーヴェリックを放映していました。
実際に映画館で観た作品ですが、ビビッと来てしまいそのままプラモデル売り場へ、、、まんまと策略に引っかかってしまいました。

お目当てのF/A-18E/F スーパーホーネットはありませんでしたが、、、EA-18G グラウラーをベースとしてF/A-18Fが作成可能との情報を仕入れ、そのまま釣られるようにしてハセガワのグラウラーを購入してしまい、なんとかF/A-18Fとして作成することができました。
セガワ 1/72 F/A-18F Super Hornet(EA-18G改)
Top Gun Maverick “PAYBACK&FANBOY“

f:id:gfinthebase:20231014130233j:image

セガワのEA-18Gキットを購入し、
某オークションサイトでトップガン仕様のデカールを手に入れて流用しました。コーション類は同社のF/A-18F トップガン、機番や細かいデカールはデフモデルのトップガンマーヴェリックセットから使用しています。
最初はフェニックス&ボブ仕様にしようかと思いましたが、デカールを大失敗してしまい(泣)急遽ペイバック&ファンボーイ仕様に変更しました。

f:id:gfinthebase:20231014130245j:imagef:id:gfinthebase:20231014130254j:imagef:id:gfinthebase:20231014130317j:imagef:id:gfinthebase:20231014130323j:image
セガワのキットなので、言うまでもプロポーションは最高にかっこいいです。
塗装は下面が筆塗りのMrカラー308、上面がタミヤのダークゴーストグレイです。
トップガンマーヴェリックの仕様にする上で、どのシーンにしようか非常に迷いました。
①マーヴェリック着任直後の訓練仕様
(増槽のみのフルクリーン形態、モデックスNoフル印字)
②対地攻撃訓練時
(ACMIポッド、AIM-9X訓練弾、ELGTR、増槽、ATFLIR、モデックスNoフル印字)
③本番仕様
(AIM-9X実弾、GBU-24、増槽、ATFLIR、モデックスNoが機首のみ)
この3点で非常に悩んだのですが、
機番の印字が多く、武装もあり模型映えすると思い②を選びました(^^)
f:id:gfinthebase:20231014130335j:imagef:id:gfinthebase:20231014130342j:imagef:id:gfinthebase:20231014130347j:image
今回、②の仕様にするにあたりHMAガレージさんから出ているスパホ用ウェポンセットを使いました。
今回使用したのはELGTR、TER、ACMIポッドです。3Dプリンタレジンキットは初めてでしたが使いやすくて驚きでした。洗浄の必要もなくラッカー塗料がすいすい載ります。パイピングなどの精密感もとても1/72とは思えない雰囲気です。
すごい時代ですね。
またACMIポッドは2種類付属しますが、作中で使われているのはトゲトゲが輪っかになっていないタイプの方でしたのでそちらを取り付けています。
f:id:gfinthebase:20231014130359j:image
スーパーホーネットは機体の設計上、翼下パイロンがそれぞれすこし外側を向くようにして取り付けられます。ちゃんと再現されていますね。
ELGTRは映画でしか見たことがないような気がしますが、果たして本当に使われているのでしょうか、、、?
f:id:gfinthebase:20231014130409j:image
スタビレーターは中にポリキャップを仕込むタイプの可動式となっています。
大きな動翼が艦載機感を演出していて好きなところです。
f:id:gfinthebase:20231014130417j:image
今回の映画仕様にするために仕入れたデカールには、しっかりと2人の名前が付属しています。デカール自体も貼り付きやすく、軟化剤を少し使っておけばシルバリングも特に起こすことはありませんでした。
f:id:gfinthebase:20231014130430j:imagef:id:gfinthebase:20231014130433j:image
また映画仕様にするにはいわゆる「ブロックII」と呼ばれる、アップデートがされた機体にする必要があるのですが、ネットの情報によるとそれを再現するのにEA-18Gからの流用が1番手っ取り早いそうです。理由としては、ハセガワのキットでブロックIIのF/A-18Fを購入すると、後席モニターのフード?部分の形状が異なるとの事。有識者の方々の目の付け所は凄いです。
またブロックIIの特徴でもあるチムニーダクト(垂直尾翼の間にある5本ずつ並んでいるダクト)はキットでもしっかりと再現されています。

f:id:gfinthebase:20231014130443j:imagef:id:gfinthebase:20231014130447j:image
スーパーホーネットを作るのは初めてでしたが今回も楽しんで作ることができました。
ベースの金型自体は相当古いものだという事で合いは結構悪かったりしましたが気にしない方はそのまま組んでもいいかと思います。

f:id:gfinthebase:20231014130455j:imagef:id:gfinthebase:20231014130457j:image
いかがでしたでしょうか。
こんな記事が購入を迷われる方のご参考に、少しでもなれば幸いです。それではまた。

ハセガワ 1/72 ユーロファイター タイフーン 第3飛行隊 ZJ921

こんにちは。今回はハセガワさんのユーロファイタータイフーンを作成しました。
ユーロ圏の機体はほぼ作成したことがなく、色々不安でしたが楽しんで作成することができました。

 

Eurofighter Typhoon RAF 3rd SQ ZJ921

f:id:gfinthebase:20231014125456j:image

キット自体はいつも通りストレート組。
合わせ目消しもほとんど実施していません。

ユーロファイターはイギリス ドイツ スペイン イタリアの4カ国で設計・開発が行われたそうです。
まさしくマルチロールファイターらしく 多種多様な武装を搭載して任務にあたることができます。
f:id:gfinthebase:20231014125510j:imagef:id:gfinthebase:20231014125521j:image
ユーロ機によくある構成ですが、この機体もコックピット下可動式のカナード翼+主翼デルタ翼の構成となっており まるでイカのようです。
少し見えづらいですがパイロットのヘルメットは、HMSSと呼ばれる最新のヘルメットを再現しているようです(本物は集合体恐怖症の人にはちょっと厳しいデザインですが...)

f:id:gfinthebase:20231014125536j:imagef:id:gfinthebase:20231014125724j:image
一時期は日本のF-X、老朽化したF-4戦闘機の代役として有力候補にあがりましたが、結局はF-35に決まりましたね。
あの当時は どうして、と思いましたが、今考えてみればF-35で本当に正解だったかと思います(汗

f:id:gfinthebase:20231014125545j:image
正面から見た姿はけっこう可愛らしげがありますね。左主翼付け根にあるAPU(エンジン始動時など、補助的に動力供給をするためのサブエンジン的なもの)排気口の汚れはタイフーンの特徴なので、徹底的に真っ黒にしました。

f:id:gfinthebase:20231014125616j:imagef:id:gfinthebase:20231014125621j:image
せっかくスタンドが付属するので飛ばしてみました。
やはり飛行機は飛んでいると映えますね。

f:id:gfinthebase:20231014125606j:image
武装は鉄板の
アスラーム ×4
アムラーム×4
増槽×2
です。全て実弾仕様にしました。

f:id:gfinthebase:20231014125648j:imagef:id:gfinthebase:20231014125652j:imagef:id:gfinthebase:20231014125655j:image

せっかくなので 三沢のF-16CJと。
F-16も十分小柄な戦闘機ですが、ユーロファイターもかなり小さいですね。

三沢にも最近はハブグラス塗装のF-16が配備され始めたようですね。ぜひ見に行きたいところです。。。

f:id:gfinthebase:20231014125704j:image
最後はお気に入りの一枚で。
今回も見ていただきありがとうございました。